<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    平成18年度中間決算説明會

    平成18年度中間決算説明會

    日付 : 平成18年10月27日
    時間 : 18時30分~20時00分
    場所 : 大手町サンケイプラザ
    內容 : 平成18年度中間決算につきまして、取締役専務執行役員 三浦善司より決算説明資料に沿って説明を行いました。

    (ご留意事項)
    この資料は、弊社決算説明會にご出席できなかった方のためのご參考として掲載しているもので、説明會でお話した內容をそのまま文章に起こしたものではないことをご了承ください。
    また、本資料に記載されているリコーの計畫?見通しのうち、歴史的事実でないものは、將來の業績に関する見通しであり、これらは現時點で入手可能な情報から得られたリコーの経営者の判斷に基づいております。実際の業績は、さまざまな重要な要素により、これら業績見通しとは大きく異なる結果となり得ることをご承知おき下さい。


    HTML PDF Download
    當日配布資料 決算短信(表紙) 決算短信/補足資料
    (PDF:163KB)
    決算説明會資料
    (PDF:478KB)
    決算參考資料
    (連結経営指標推移)

    (PDF:23.5KB)

    ご説明の要旨

    2006年度中間決算は、國內外でカラーMFP、プリンターの販売が好調に拡大したオフィスソリューション事業を始め、全ての事業分野で増収となりました。その結果、中間期の當期純利益は最高益を更新することができました。
    また、2006年度通期の売上高見通しは、すでに発表いたしました、歐州地域における事業譲受の影響を反映し、前回見通しから上方修正いたしました。営業利益、稅引前利益、當期純利益については前回の見通しを據え置いております。第3四半期以降の想定為替レートについては、対米ドル115.00円、対ユーロ140.00円といたします。
    中間配當金は、前年同期比で1円増配の一株あたり13円と決定させていただきました。通期の配當金は、中間配當金と合わせて一株あたり28円を計畫しております。

    主な質問と回答

    Q1. Danka歐州の來期のリコー連結業績へのインパクトは?
    Q2. カラーMFPとモノクロMFPではカラー機のほうが利益が高いのか?
    Q3. グローバル大企業向け商談は売上のどのくらいの割合を占めているか?
    Q4. 上期の米州地域の売上伸び率が弱いのは?
    Q5. 來期の営業利益の増益率は今年度以上にできるか?
    Q6. 下期の海外の売上成長率が上期よりも高くなる要因は?
    Q7. プリンターとコピアのそれぞれの伸び率がわかるような開示はできるか?
    Q8. 下期のコストダウン金額は新製品効果によってもう少し多く出ないのか?

    • Q1.Danka歐州の來期のリコー連結業績へのインパクトは?
    • A1.現狀のDanka歐州の売上高は年間600億円程度。従來からリコーと取引がある分を除くとその半分くらいの影響がある。統合費用などがかかる可能性もあるので、営業利益は今のところゼロで見ている。

    質問一覧へ  ページトップへ

    • Q2.カラーMFPとモノクロMFPではカラー機のほうが利益が高いのか?
    • A2.カラー機の方が高い価格で販売しており、モノクロ機よりも粗利は高い。ただし、カラー機は開発費やサービスコストも余計にかかるので、そこを効率的にやっていくことが重要。われわれはうまくやれる自信があるのでカラー化を推進している。
    • Q3.グローバル大企業向け商談は売上のどのくらいの割合を占めているか?
    • A3.まだまだ小さな割合でしかない。來期以降もさらに伸ばしていきたい
    • Q4.上期の米州地域の売上伸び率が弱いのは?
    • A4.新製品の発売タイミングにもよる。競合に負けているとは認識してない。下期は盛り返すだろう

    質問一覧へ  ページトップへ

    • Q5.來期の営業利益の増益率は今年度以上にできるか?
    • A5.15次中経目標に向け営業利益は伸ばしていきたい
    • Q6.下期の海外の売上成長率が上期よりも高くなる要因は?
    • A6.下期に新製品効果がフルに寄與してくると期待している。 それ以外にいろいろな施策を打った成果が出てくるとみている
    • Q7.プリンターとコピアのそれぞれの伸び率がわかるような開示はできるか?
    • A7.MFPとプリンターは組み合わせて提案し販売しているので、あえてそれぞれ分けて開示する意味合いは薄れている
    • Q8.下期のコストダウン金額は新製品効果によってもう少し多く出ないのか?
    • A8.上期は原油高騰や部品コスト上昇を吸収して計畫通りコストダウンできた。
      今後は原油価格などが落ち著いてくればもう少しコストダウンできる可能性はある。
      社內的には計畫以上にコストダウンすべく努力している

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频