<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    平成22年度第3四半期決算説明會

    平成22年度第3四半期決算説明會

    日付: 平成23年2月2日
    時間: 18時00分~19時00分
    場所: 大手町サンケイプラザ
    內容: 平成22年度第3四半期決算につきまして、取締役専務執行役員 三浦善司より決算説明資料に沿って説明を行いました。

    主な質問と回答

    Q1.

    新製品発売によりシェアは上昇しているか?

    A1.

    足元、シェアは上昇していると認識しています。新製品が本格寄與する第4四半期以降には、更なるシェア押し上げを期待しています。

    Q2.

    第3四半期は、計畫に対しては下振れたのか?

    A2.

    計畫に対し、売上で約250億円未達となりました。

    Q3.

    第3四半期、計畫未達となった理由は?

    A3.

    需要に関して、前年伸長はしたものの想定ほど伸びなかったことが未達の主因です。足元、厳しい競爭環境は続いておりますが、競爭には十分勝てていると認識しています。

    Q4.

    第4四半期はかなりストレッチな目標となるが、どのように達成していくのか?

    A4.

    米州では売上成長を加速し、歐州と日本では利益改善を行なってまいります。
    第4四半期は年間を通して売上高が最も大きい四半期ですが、季節性以上に伸ばせるよう様々な手を打ってきています。第3四半期は市場が動いてきた手応えは感じています。

    Q5.

    販管費は今年度一定水準で推移しているが、今後売上拡大する局面などでは、それに比例して増加することになるのか?

    A5.

    基本的には販管費をあまり増やさずに総利益を上げていくという考え方で進めています。販管費のうち既存事業部分については効率化を行ない、新規事業拡大のために割り當てていきます。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频