<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    高齢者や患者を見守る
    統合型プラットフォームを構築
    高齢者や患者を見守る統合型プラットフォームを構築

    介護?醫療サービスの
    質の向上と効率化に向けて

    體重、體動、呼吸等の生體情報を高精度モニタリング

    超高齢化がますます進む社會において、社會保障費の増大や介護?醫療業界の負擔増、人材不足などが深刻な問題となっています。リコーは介護?醫療支援のために、先進のセンサーモジュール技術を持つミネベアミツミ株式會社との共同事業開発を開始。
    2018年からの第1フェーズでは、生體情報をモニタリングするベッドセンサーシステムの提供により、高齢者を見守るためのプラットフォームを構築します。このシステムは、ベッド上の人の體重、體動、呼吸狀態などの生體情報を、人體に觸れることなく、また痛みを伴わずに、ベッドに設置したセンサーで高精度にモニタリングするシステム。介護現場での転倒?転落や呼吸の異常などの見守りや、體重等の計測?記録業務の負荷低減が可能になります。

    取得データから最適な介護?醫療サービスを提案

    介護?醫療支援の第2フェーズでは、人工知能により、ベッドセンサーシステムを介護記録システムやナースコールと連攜させて、より高次元の見守りサービスを目指します。さらに第3フェーズでは、ベッドセンサーシステムから得たデータ、監視カメラなどで集めた情報を活用する統合型情報サービスプラットフォームへと拡張。生活活動パターンの分析を行うことで、利用者に最適な介護?醫療サービスの提供や、疾病等の予知?予後のサポートまで見すえた事業開発に取り組みます。一般オフィスからワークプレイス(現場)へ、さらに広く社會へと価値提供領域を広げる。この介護?醫療支援ソリューションは、その取り組みの一環として、QOL(Quality of Life)の維持や健康壽命の延伸を支えます。

    畫像:リコーみまもりベッドセンサーシステム

    商品?サービス

    リコーみまもりベッドセンサーシステム

    ベッド上の利用者様の狀態(位置、體動、姿勢など)と24時間の生活リズムを把握して、安全と健康生活を支援します。

    畫像:介護施設こそ“イノベーション”が必要だ

    コラム

    介護施設こそ“イノベーション”が必要だ

    リコーらが目指す「IoT介護」最新事情。

    “はたらく”に歓びを

    歓びとは、仕事を通じて得られる充足感?達成感?自己実現。
    はたらく歓びを、生きる歓びへつないでいくために、
    人々の“はたらく”をよりスマートに変革していきます。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频