<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Main content

    コミットメントと外部評価

    社會に対するコミットメント

    リコーグループは、ステートメントやガイドラインへの賛同?參畫などを通して、持続可能な社會の実現にむけ積極的に取り組んでいます。

    2002年4月 國連グローバル?コンパクトに日本企業として2番目に署名
    2007年6月 國連グローバル?コンパクトの「気候に配慮するビジネスリーダー綱領」に署名
    2008年5月 「ビジネスと生物多様性に関するイニシアティブ」リーダーシップ宣言に署名
    2008年12月 國連「世界人権宣言60周年CEOステイトメント」への支持聲明に署名
    2009年7月 「日本気候リーダーズ?パートナーシップ」に設立メンバー企業として參加
    2010年12月 気候変動に関する「カンクン聲明」に賛同
    2011年2月 國連グローバル?コンパクト「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」への支持聲明に署名
    2012年11月 気候変動に関する「カーボンプライス」共同聲明へ參加
    2014年9月 「世界銀行グループ?カーボンプライシング支援イニシアティブ」に賛同
    2014年9月 人的な二酸化炭素の累積排出量を抑える「1兆トン共同聲明」に賛同
    2017年2月 イクボス企業同盟に加盟(リコージャパン)
    2017年4月 國際的なイニシアチブである「RE100」に日本企業として初めて參加
    2018年8月 「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同表明
    2018年10月 「気候変動アクション日本サミット宣言*1」に署名
    2018年11月 イクボス企業同盟に加盟(リコーインダストリアルソリューションズ)
    2019年8月 「Business for Inclusive Growth (B4IG)」イニシアチブに日本企業として初めて參加
    2019年11月 グローバルなサプライチェーンの社會的責任を推進する企業同盟「RBA (Responsible Business Alliance)」に加盟
    2019年12月 「ZEBリーディング?オーナー」に登録(リコージャパン)
    2020年1月 イクボス企業同盟に加盟(リコー)
    2020年3月 2030年環境目標を改定し、SBTイニシアチブによる「1.5°C目標」の認定を取得
    2020年6月 「Uniting Business and Governments to Recover Better」に賛同を表明
    1. 「気候変動アクション日本サミット宣言」
      2018年10月に開催された「気候変動アクション日本サミット」において、同年12月に開催されたCOP24(國連気候変動枠組條約第24回締約國會議)に先立ち、気候変動(地球溫暖化)対策の推進に向けた強いメッセージを発信する目的で発表されました。サミットに登壇した日本の企業、自治體など157団體が賛同。
    國連グローバル?コンパクト(UNGC)

    國連グローバル?コンパクト(UNGC)

    國連が提唱している世界的なイニシアチブで、各企業?団體が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社會の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに參加する自発的な取り組みです。UNGCは企業に対し、「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関する10原則を順守し実踐するよう要請しています。

    RE100

    RE100

    「Renewable Energy 100%」の略稱で、事業に必要なエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す國際的なイニシアチブです。2014年、イギリスに本部を置く國際環境NGOのThe Climate Groupが中心となって設立し、世界全體で164社が加盟しています(2019年2月現在)。

    ESGインデックス組入れ?評価2020年12月現在

    リコーグループは、ESG(環境?社會?ガバナンス)への取り組みに対し、社外から評価され、國內外のESGインデックスの組み入れ銘柄として採用されています。

    Dow Jones Sustainability Indices

    Dow Jones Sustainability Indices

    1999年に米國のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同開発した株式指標で、毎年、ESGの側面から企業の持続可能性(Sustainability)を評価し、時価総額を加味して総合的に優れた企業を選定するものです。
    リコーグループは「World Index」および「Asia Pacific Index」に選定されました。

    Sustainability Award

    Sustainability Award

    世界的な社會的責任投資(SRI)評価會社である米國のS&Pグローバル社サステナビリティ格付けで、リコーは「シルバー」クラスに選定されました。
    リコーがエントリーしている「コンピュータ?周辺?オフィス機器」のカテゴリーでは、「ゴールド」1社、「シルバー」4社が選定されています。

    FTSE4Good Index Series

    FTSE4Good Index Series

    「FTSE4Good Index」は、英ロンドン証券取引所100%出資のFTSE Russell社が開発した株価指數で、ESG対応に優れた企業を2001年から選定しています。

    FTSE Blossom Japan Index

    FTSE Blossom Japan Index

    「FTSE Blossom Japan Index」は日本企業に特化して2017年に構築されたもので、GPIFのESG投資のための株価指數として採用されています。

    MSCI日本株女性活躍指數(WIN)

    MSCI日本株女性活躍指數(WIN)

    女性の雇用や管理職の割合、ダイバーシティへの取り組みに関する開示情報を基にスコアを算出することで、長期的に持続可能な成長が見込める企業を選定しています。本指數は、年金積立金管理運用獨立行政法人(GPIF)がESG投資を行うための選定指數の一つとして採用されています。

    S&P/JPXカーボン?エフィシエント指數

    S&P/JPXカーボン?エフィシエント指數

    Trucostによる炭素排出量データをもとに世界最大級の獨立系指數會社であるS&Pダウ?ジョーンズ?インデックスが、TOPIXの構成銘柄を対象とし、時価総額をベースに同業種內で炭素効率性が高い企業、溫室効果ガス排出に関する情報開示をおこなっている企業の投資ウェイトを高めた指數。GPIFが2018年に採用したグローバル環境株式指數でありリコーは指數選定以來継継続して採用されています。

    ISS ESG Corporate Rating

    ISS ESG Corporate Rating

    ISS ESG(舊ISS oekom社)は議決権行使助言世界大手米ISSのESG評価部門であり、企業のサステナビリティ格付を行っています。リコーグループは、「Prime」の評価を受けました。

    EcoVadis社

    EcoVadis社

    160カ國以上、200業種以上に及ぶサプライヤー企業を対象に、「環境」、「労働と人権」、「倫理」、「持続可能な資材調達」分野における企業の方針、施策、実績について評価を行っています。リコーグループは、対象企業全體の中で上位5%以內に入るという高い評価を得ました。

    CDP Climate

    CDP CLIMATE

    CDPは、環境分野に取り組む國際NGOで、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3つを活動領域としています。各分野について、調査票に回答した企業を、最高位A、A-、B、B-、C、C-、D、D-、の8段階で評価します。
    リコーグループは「気候変動」で「A」評価、「ウォーター(水)」で「B」評価を受けています。

    CDP Supplier

    CDPサプライヤーエンゲージメント

    「サプライヤーエンゲージメント評価」において最高評価の「A」を獲得し、「リーダーボード」に認定されました。
    「サプライヤーエンゲージメント評価」は、企業のサプライチェーン全體での気候変動?溫室効果ガス排出量削減への取り組みについて調査し、取り組みに応じて企業を格付けするものです。全世界5,800社以上の企業を対象に調査が行われた結果、2020年のリーダーボードには上位7%(約400社)が認定され、うち日本企業はリコーを含む83社となりました。

    2018年4月
    • ISS-oekom社(現ISS ESG)のサステナビリティ格付けにおいて「Prime」の評価
    2020年1月
    • RobecoSAM社(スイス)の格付で「ブロンズクラス」に選定
    2020年6月
    • 世界的な社會的責任投資(SRI)指標の「FTSE4Good Index Series」に2004年から17年連続で継続採用
    2020年6月
    • ESG投資のための株価指數「FTSE Blossom Japan Index」に2017年新設當初から継続して選定
    2020年6月
    • 「MSCI 日本株女性活躍指數」の構成銘柄に2017年新設當初から継続して選定
    2020年11月
    • Dow Jones Sustainability Indices (DJSI)の「World Index」の構成銘柄に採用
    • 「Asia Pacific Index」に3年連続で採用
    2020年12月
    • CDPから最高評価の「気候変動Aリスト」企業に認定
    2021年2月
    • CDP「サプライヤーエンゲージメント評価」で最高評価の「A」を獲得
    • S&Pグローバル社の世界的サステナビリティ格付けで「シルバー」クラスに選定
    2021年3月
    • EcoVadis社によるサプライヤー向け調査で「ゴールド」評価を2014年から連続で取得

    表彰

    リコーグループの製品や経営に対し、國內外で數々の表彰をいただいています。

    2019年4月
    • ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」と360°カメラ「RICOH THETA Z1」が「TIPA AWARDS 2019」を受賞(リコーイメージング)
    2019年4月
    • 「二眼屈曲光學系を用いた薄型全天球カメラの実用化」で「第51回 市村産業賞 貢獻賞」を受賞
    2019年5月
    • 日経DUAL「共働き子育てしやすい企業グランプリ2019」で特別奨勵賞を受賞
    2019年6月
    • 「RICOH Pro VC70000」が「EDP Award 2019」を受賞
    2019年8月
    • 「日経コンピュータ 顧客満足度調査 2019-2020」システム運用関連サービス(情報サービス會社)部門で第1位
    2019年10月
    • 「RICOH Handy Printer」他5製品が「グッドデザイン賞」受賞
    • J.D. パワー社 顧客満足度調査2分野で5年連続第1位(獨立系/ユーザー系/事務機器系SIer セグメントおよび2019年IT機器保守サービス顧客満足度調査<サーバー機編>)
    2019年11月
    • 厚生労働省主催「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)『特別奨勵賞』」(リコー)
    • 総務省主催「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」(リコージャパン)、「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)『特別奨勵賞』」(リコーITソリューションズ)を受賞
    • 製品安全対策優良企業表彰「技術総括?保安審議官賞」を受賞
    2019年12月
    • 女性活躍推進法に基づく優良企業として「えるぼし」最高位(3段階目)認定(リコージャパン)
    • 全天球カメラ「RICOH THETA Z1」が「第22回光設計賞」で「光設計大賞を」受賞
    • 「日経SDGs経営大賞2019」「環境価値賞」を受賞
    2020年1月
    • 「RICOH Handy Printer」が「2019年日経優秀製品?サービス賞 優秀賞 日経MJ賞」を受賞
    • 米國IDC社 セキュリティーソリューションおよびサービス分野で「リーダー」獲得
    2020年2月
    • 「固體型色素増感太陽電池モジュール」が「nano tech大賞2020」「ナノマテリアル賞」を受賞
    • 米國IDC社 高速インクジェットプリンターで「リーダー」獲得
    • 統合報告書?ESGデータブックが「環境コミュニケーション大賞」「審査委員會特別優秀賞」受賞
    • 環境省「ESG ファイナンス?アワード?ジャパン」「環境サステナブル企業部門」銅賞を受賞
    • ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」、全天球カメラ「RICOH THETA Z1」が「iF デザインアワード 2020」を受賞
    2020年3月
    • 「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)~ホワイト500~」認定(リコー、リコーリース、リコージャパン、リコーテクノロジーズ、リコーITソリューションズ)
    • 情報処理學會「認定情報技術者制度 企業認定」取得
    • 「社內IT技術者認定制度」(リコーITソリューションズ)
    2020年4月
    • iコンピテンシ ディクショナリ活用企業認証で「Gold ★」取得(リコーITソリューションズ)
    2020年6月
    • 高速連続用紙インクジェット?プリンティング?システム「RICOH Pro VC70000」が日本畫像學會「技術賞」を受賞
    2020年7月
    • 「電子リコピーBS-1」(1965年発売)が複寫機遺産に認定
    2020年9月
    • J.D. パワー社2020年カラー複合機顧客満足度スモールオフィス市場部門およびカラーレーザープリンター顧客満足度において第1位
    2020年11月
    • 第4回日経スマートワーク経営調査で最高位の星5に認定
    • J.D.パワー社顧客満足度調査2分野で6年連続で第1位( ITソリューションプロバイダー獨立系/ユーザー系/ 事務機器系SIer セグメント、および2020年IT機器保守サービス顧客満足度調査<サーバー機編>)
    • 「日経SDGs経営大賞2020」で大賞受賞
    2020年12月
    • J.D. パワー社法人向けテクニカルサポートコールセンター満足度調査2分野で第1位(サーバー部門およびPC/タブレット部門)
    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频