<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    ここから本文です

    リコーグループの強み

    長年に渡る製品開発で磨いてきた「技術力」。

    潛在的なニーズを先取りする「お客様接點力」。

    環境保全と事業成長を同時にかなえる「環境経営」。

    この3つが私たちの強みです。

    技術力

    長年の製品開発を通じて培ってきた「光學、畫像、材料、ものづくり、基盤、制御?システム、ソフトウェア」に関するコア技術、これらと斬新なアイデアや最新の技術とを融合し、イノベーションを創出し続けています。

    はたらく人を支えるAI技術開発

    AI image

    はたらく人のさまざまなシーンに寄り添い、質の高い支援を屆けるために、それぞれのワークプレイスの課題を深く理解し、最適なAIを開発して使いこなすことで最適な解を見つけ出し、はたらく人へ価値を提供していきます。

    詳しくはこちら

    路面性狀モニタリングシステム

    ステレオカメラを複數臺用いて、一度の走行?撮影で「ひび割れ率」「わだち掘れ量」「平たん性」を計測

    人工知能(AI)により、ひびのレベルを自動判定

    道路やトンネルなどのインフラや構造物の老朽化が社會課題となっています。それらを計畫的に維持管理することで、社會の安心?安全が増大します。

    リコーは、車両を走らせて路面を撮影し、劣化を計測する「路面性狀モニタリングシステム」を開発。2018年9月、ステレオカメラで測定する手法として初めて、一般財団法人土木研究センターが実施した。

    「路面性狀自動測定裝置の性能確認試験」に合格し、2019年8月、「リコー 路面モニタリングサービス」の提供を開始しました。一般車両に搭載できるため、大型の専用車両では計測が困難だった生活道路にも活用できます。

    ステレオカメラ:2臺のカメラの視差情報を利用し、前方の対象物の奧行き情報(3次元情報)が得られるカメラ。

    詳しくはこちら

    あらゆるものに印刷を可能とするインクジェットプリント

    リコーの強みであるインクジェットヘッド技術とインク材料技術とを組み合わせることで、「紙」以外の媒體(建材、衣類、絵畫、食品、醫薬品など)に印刷する産業用印刷を展開。ひとつのイラストから壁紙、洋服、カフェラテの泡にまで印刷が可能です。

    詳しくはこちら

    全天球カメラ「RICOH THETA」が新たな映像を。

    これまでのカメラとはまったく異なり、撮影者を取り囲む「全天球イメージ」をワンショットで撮影できます。これはリコー獨自の光學技術と畫像処理技術の融合による産物です。車載カメラをはじめ、不動産業等さまざまな場で活用されています。

    リコーのテクノロジー

    研究開発投資

    イノベーションを絶やさないために、売上高の5~6%程度を目安として、継続的な研究開発投資を行っています。2021年3月期の投資額は903億円で、売上高の約5.3%。そのうち11.7%に相當する106億円を基礎研究に充てています。

    知的財産

    技術開発の成果である知的財産は、他社との競爭優位性をはかる重要な経営資産のひとつです。

    2021年3月期の特許保有権利數は、國內で16,629件、海外では23,829件となります。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频