<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Main content

    ガバナンス

    內部統制

    リコーグループは、「リコーウェイ」に込められた価値観に立腳して、企業倫理と遵法の精神に基づき、経営の透明性を確保しつつ、競爭力の強化を目指した內部統制システムを整備?運用し、その継続的な改善に努めています?;顒婴沃羔槫趣筏啤弗辚畅`グループ経営管理基本原則」を制定し、その中の「內部統制原則」に沿って活動を展開しています。

    • 「グループマネジメントコミッティ(GMC)」を設置し、リコーグループ全體の経営監督およびグループ全體の経営に対し全體最適の観點で審議?意思決定を迅速に行う體制をとっています。
    • 特に、內部統制?リスクマネジメント?コンプライアンスについては、GMC內に「內部統制委員會」を設置して、活動方針の決定、発生事象の報告、および統制評価?是正を行っています。
    • 「リコーグループ関連會社経営管理規定」を定め、統括機能として主管管理部門を設置し、リコーグループ各社の管理を行っています。
    • リコーグループとして遵守すべき共通の規則については、グループ標準「リコーグループスタンダード(RGS)」として制定し、グループ全體で遵守するよう推進しています。
    • 會社情報開示の正確性、適時性および網羅性を確保するために開示に関する方針を定めており、開示情報の重要性、開示の要否および開示內容の妥當性の判定?判斷を行うために、情報開示責任者であるCFOを委員長とする「開示委員會」を設置しています。
    • 財務報告の信頼性の確保、業務の有効性と効率性の向上、企業活動に関連する法令?社內ルール等の遵守の確認などを目的として內部監査を実施しています。
    • 不正防止に関しては、リコーグループ版FRM(Fraud Risk Management)を展開し、內部監査でのチェックシートによる不正リスクの確認や、大量データから異常値を見つける手法およびツールを導入し活用しています。
    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频