<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    ニュースリリース

    産業向け事業の強化に関するお知らせ

    2014年3月6日
    株式會社リコー

    株式會社リコー(社長執行役員 三浦善司、以下リコー)は、産業向け事業の強化を目指し、2014年10月を目処に組織を再編することを決定致しました。

    (背景)
    リコーは2014年4月から始まる3カ年計畫「第18次中期経営計畫」の中で、リコーグループの総合力を結集し畫像ソリューション事業に次ぐリコーグループの新たな事業の柱として、産業向け事業を強化してまいります。そのために、以下の通り體制を刷新致します。

    (光學機器外販事業及び電裝ユニット外販事業の再編概要)
    リコー、リコー光學㈱、リコーマイクロエレクトロニクス㈱の各社にて展開していた光學機器外販事業及び電裝ユニット外販事業を新會社へ統合することで、お客様や市場の変化に迅速に対応出來る體制を整えます。
    新體制ではリコーグループ內に分散しているリソースを結集し、光學機器市場、ファクトリーオートメーション市場、自動車市場等の成長市場での事業を拡大、強化致します。
    なお、新體制構築までのプロセスなど詳細については決定ししだい速やかに公表してまいります。

    (電子デバイス事業の再編概要)
    電源ICなどアナログ半導體製品を主體としたビジネスを行っている電子デバイスカンパニーの事業を移管し、新會社として発足いたします。
    基盤事業であるオフィス事業とは異なる事業環境、ビジネスモデルである電子デバイス事業を分社化することにより、自主?自律した事業としてスピーディーな経営判斷と事業に適した効率的な経営インフラ構築を実現し、市況変化の激しい半導體事業において、競爭力を高めることを狙いとしています。

    このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


    | リコーグループについて |

    リコーグループは、オフィス向け畫像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の國と地域で提供するグローバル企業です(2013年3月期リコーグループ連結売上は1兆9,244億円)。
    人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社會の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。 想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

    より詳しい情報は、下記をご覧ください。
    http://www.umuhinzi.com/

    このページの內容は発表時のものです。
    既に販売終了になっている商品や、內容が異なっている場合があります。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频