<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    ニュースリリース

    「プログラミング」?「アイデア」の2つのコースで発想力と技術力への挑戦

    第7回?RICOH & JavaTM Developer Challenge Plus?參加大學生を募集!

    2014年4月30日
    株式會社リコー

    株式會社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、大學生/大學院生を対象に、指定のリコー製品をひとつ以上使ってビジネスアプリケーションのアイデアと、その実裝までを含めた開発技術を競うコンテスト、第7回?RICOH & JavaTM Developer Challenge Plus (デベロッパーチャレンジ?プラス)?の參加者を募集します。2008年度以來、延べ156チームが參加し、熱い戦いを繰り広げてきました。今年度の大會では、半年以上をかけて開発技術を競う従來からの「プログラミングチャレンジ」コースに加え、1カ月強の短期決戦「アイデアチャレンジ」コースを新設しました。

    null

    「プログラミングチャレンジ」コースでは、一次選考(10月)の課題として、エミュレータ等を使って開発したプログラムとレポート、システムを紹介する動畫を提出していただきます。一次選考通過のチームには、実機を貸出し、最終選考(12月)に向けてプログラミングを行っていただきます。審査は?技術?と?マーケティング?の両面で行われ、システムデザイン、プログラミングスキル、完成度、技術文書の品質などに加えて、コンセプト、操作性も重要な要素となります。さらに最終選考會では、実機でのデモンストレーション、プレゼンテーションも評価の対象となります。
    本コースは、システムの企畫?提案から、実機でのプログラミングによるアプリケーション開発まで、実社會におけるチームでのシステム開発プロセスを體験できる機會として、指導教員の皆様、參加された學生の皆様から高い評価をいただいています。

    一方、新設の「アイデアチャレンジ」コースでは、リコーの製品を使って社會の課題を解決するような、學生ならではの獨創的アイデアや感動的な価値の提案にチームで取り組んでいただきます。実際に開発を行わないため、プログラミング経験がない方でも參加可能で、チャレンジの幅が広がりました。審査では、獨創性、顧客価値のほか、いかに提案內容をわかりやすく伝えられたかといったプレゼンテーションにも重きがおかれます。

    今年度からは日本科學未來館が共催となり、従來から提供していた技術者向けの講習會に加えて、アイデア発想トレーニングやプレゼンテーションスキルの向上など、科學コミュニケーターによるアドバイスも行います。本コンテストへの挑戦を通じて、參加者には実踐力も身に著けていただけると考えています。

    コンテストの詳細、ならびに申し込みについてはコンテストのWebサイト「RICOH & JavaTM Developer Challenge Plus?を參照ください。

    ※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子會社、関連會社の米國及びその他の國における登録商標です。


    | リコーグループについて |

    リコーグループは、オフィス向け畫像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の國と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円?國際會計基準)。
    人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社會の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
    想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
    より詳しい情報は、下記をご覧ください。
    http://www.umuhinzi.com/

    このページの內容は発表時のものです。
    既に販売終了になっている商品や、內容が異なっている場合があります。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频