<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    ニュースリリース

    リコーWebサイト企畫「西暦2036年を想像してみた」第4弾公開
     沖方丁さんが想像する未來

    2014年8月18日
    株式會社リコー

    株式會社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、Webサイト上の企畫「西暦2036年を想像してみた」の第4弾コンテンツとして、時代小説「天地明察」やアニメ「攻殻機動隊 ARISE」の腳本で有名な作家の沖方?。ēΕ芝骏去Γ─丹螭胂瘠工胛磥恧虮救展_しました。ストーリーの挿絵は、ボーカロイド?オペラ「THE END」の映像を手がけた気鋭の映像作家 YKBX(ワイケービーエックス)さんによるものです。

    昨年8月にスタートしたこの企畫は、小説、マンガ?アニメ、ゲームで近未來を描く第一線のクリエイターの方々とコラボレーションし、自由な発想で西暦2036年を想像するものです。今回の第4弾の公開と合わせて本企畫のWebページをリニューアルし、さらに読みやすくなりました。

    今後は、本日公開のコンテンツを含めて、未來の働き方についての短編ストーリー3編や、沖方さんとリコーの研究者との対談を9月24日まで毎週火曜日(祝日の場合は翌日)に更新していきます。2036年、人々はどのような場所で、どのような働き方、どのようなコミュニケーションをしているのか。クリエイターとリコーの研究者が描く未來について対話し、イマジネーションを広げていきます。

    毎週の更新情報はツイッターアカウント「リコーのWeb特集」でお知らせします。

    「西暦2036年を想像してみた」第4弾。写真は対談、冲方丁さん(左)× リコー原田知広(右)

    「西暦2036年を想像してみた」第4弾。寫真は対談、沖方丁さん(左)× リコーの研究者(右)

    YKBXさんによるイラスト

    YKBXさんによるイラスト


    | リコーグループについて |

    リコーグループは、オフィス向け畫像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の國と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円?國際會計基準)。
    人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社會の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
    想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
    より詳しい情報は、下記をご覧ください。
    http://www.umuhinzi.com/

    このページの內容は発表時のものです。
    既に販売終了になっている商品や、內容が異なっている場合があります。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频