<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    ニュースリリース

    リコー、米PTI社を買収

    ~プロダクションプリンティング市場のお客様のマーケティング活動を支援~

    2014年12月9日
    株式會社リコー

      株式會社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、インテリジェントマーケティングテクノロジーのリーデリィング企業であるピーティーアイマーケティングテクノロジーズ社(以下、PTI社)を買収いたしました。
      PTI社は、SaaS*1を活用したマーケティング資産管理やウェブトゥープリントシステム*2の開発?販売?サービスを手がける企業で、同社が提供するソリューションは、プロダクションプリンティング市場のお客様の基幹業務システムをはじめ、コンテンツ管理システムや印刷ワークフローとのシームレスな連攜によりドキュメント管理業務の自動化を実現しており、マーケティング資産およびワークフローの管理改善を支援します。これにより、北米を中心に多くの大手企業や印刷會社等に顧客基盤を築いてきました。
      リコーは、2012年8月にPTI社に戦略的投資を行い、リコーのプロダクションプリンティング製品「RICOH Proシリーズ」と連攜するソリューションをグローバルで提供してまいりました。
      比類ないサービスやソリューションを持つPTI社を買収することで、リコーは、ますます多様化する企業內集中印刷ニーズや商用印刷ニーズに新たな価値でお応えし、グローバルのお客様のマーケティング活動を支援いたします。

    リコー プロダクションプリンティング事業部 USマーケティングセンター 所長 高橋哲郎のコメント
      「私たちは、マーケティングテクノロジー分野のリーディング企業を買収することで、ワークフローおよびマーケティング資産管理の改善を望むお客様のご要望にお応えし、グローバルのお客様、特に商用印刷および企業內のプリントセンターにもたらす価値をさらに高めることができます。また、この度の買収は、両社のお客様に有益となるでしょう。リコーのお客様にPTI社の革新的なプラットフォームおよび包括的なマーケティング資産管理テクノロジーを活用可能とする一方で、PTI 社のお客様にはリコーの幅広いハード、ソフトおよびサービス群へのよりシームレスなアクセスを提供します。つまり、ウィン、ウィン、ウィンになるのです?!?/p>

    PTI社 社長兼CEO コールマン?ケイン氏のコメント
      「私たちは長年、世界中でリコーと密接に協業しており、今回の買収は、この素晴らしい協業の究極の次のステップとなります。この関係が、我々がサービスを提供する多くの業界のあらゆる規模のお客様に利益をもたらすと確信しています?!?/p>

      リコーは2013年にも、MIS(経営管理情報システム)システムベンダー大手のアヴァンティコンピューターシステムズ社への戦略的投資を行っており、こうした投資や事業活動を通じて、プロダクションプリンティング市場向けのソリューション提案力を引き続き強化することで、お客様のビジネスの効率化と収益改善に貢獻してまいります。

    ■PTI社の概要
    ?社名:PTI Marketing Technologies, Inc (PTI® Marketing Technologies™)
    ?設立:2000年
    ?本社所在地:米國カリフォルニア州ソラナビーチ市
    ※PTI社は今後も、現在の社名、経営陣および、カリフォルニア州ソラナビーチ本社とシカゴオフィスで事業活動を継続します。

    ※このニュースリリースは米國時間2014年12月9日午前(日本時間夜)に公開されたため、同日付けになっています。

    *1 Software as a Serviceの略。ネットワークなどを通じてソフトウェアの必要な機能だけを提供/利用する形態のこと。
    *2 インターネットやWebブラウザを通じて印刷物を発注する仕組みで、効率的な受発注業務を可能にする。

    このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


    | リコーグループについて |

    リコーグループは、オフィス向け畫像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の國と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円?國際會計基準)。
    人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社會の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
    想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
    より詳しい情報は、下記をご覧ください。
    http://www.umuhinzi.com/

    このページの內容は発表時のものです。
    既に販売終了になっている商品や、內容が異なっている場合があります。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频