<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Main content

    ニュースリリース

    リコー、環境関連技術交流の國際的な枠組み「WIPO GREEN」に參畫

    ~事業を通じた社會課題解決への貢獻の一環として、2分野83件の環境技術特許を提供~

    2021年3月8日
    株式會社リコー

    株式會社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、このたび、持続可能な社會の実現に向けた環境関連技術交流の國際的な枠組みである「WIPO GREEN」*1にパートナーとして參畫しました。第一弾として、これまで當社が実証実験等で取り組んできた水や溶剤を使用しないドライ洗浄技術及び高溫高圧水中燃焼による廃液処理技術の2分野計83件の環境技術特許を提供します。

    國連の世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Organization)が運営する「WIPO GREEN」への參畫を通じて、當社の環境技術を広く社會に役立ててもらい、共創によるイノベーションの加速を図ることで、事業を通じた社會課題の解決に貢獻してまいります。

    Partner of WIPO GREEN

    世界の環境保全技術の需要は、年間6.9%増加し、2025年には5兆9,020億ユーロ規模になると予想されています*2?!竁IPO GREEN」は2013年の立ち上げ以降、環境保全技術の推進および普及の先駆者として、成長し続ける環境保全技術セクターにおけるイノベーションを支援および推進するという使命を果たす強力な手段となっており、今日では、さらなる環境保全型世界経済への移行を促進しています。

    リコーグループは、経済?社會?地球環境の3つのバランスが保たれた持続可能な社會の実現に向けて、事業を通じた社會課題解決と経営基盤の強化の2つの領域で、7つのマテリアリティ(重要社會課題)を特定し、これらの解決に取り組んでいます。この一環として、知的財産分野においては、特許の開放や、當社保有の特許を活用したスタートアップ企業の支援など、事業と社會貢獻の両立を図る取り組みを行ってきました。また、社會課題の解決に貢獻する事業と関連する特許情報を開示して知的財産の価値創出にも取り組んできました。リコーは今回の「WIPO GREEN」への參畫を、2021年4月から2か年の「第20次中期経営計畫」のスタートにあわせて加速する脫炭素社會の実現などの社會課題解決に向けた取り組みの一環と位置づけています。

    「WIPO GREEN」への參畫にあたり、第一弾として、リコーが実証実験等を通じて環境保全に有効であると考える技術を中心に、以下の2つの特許技術群(83の特許技術)を登録します。

    今後も地球環境の保全に役立つ、環境関連特許技術を隨時提供してまいります。

    *1
    WIPO GREENとは、國連の知的財産専門機関である世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Organization)が運営する、環境技術の活用を促進するためのプラットフォームです。WIPOは、知的財産の活用を通じ、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)への貢獻を目指しています。WIPO GREENの最終目標はより持続可能な世界を推進することであり、WIPOにおいてSDGsを支援する最も重要なパートナーシップの1つとなっています**。
    * 
    https://www.jpo.go.jp/news/kokusai/wipo/green.html
    **
    https://www.wipo.int/edocs/pubdocs/ja/wipo_pub_greenstrpl1923.pdf
    *2
    出典:ドイツ連邦環境?自然保護?原子力安全?。˙MU)(2018年):GreenTech Made in Germany 2018.

    www.bmu.de/fileadmin/Daten_BMU/Pools/Broschueren/greentech_2018_en_bf.pdf

    このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


    |?リコーグループについて?|

    リコーグループは、オフィス向け畫像機器を中心とした製品とサービス?ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の國と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
    創業以來80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社會の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
    EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
    詳しい情報は、こちらをご覧ください。
    http://www.umuhinzi.com/

    このページの內容は発表時のものです。
    既に販売終了になっている商品や、內容が異なっている場合があります。

    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频