<ol id="e3jor"></ol>


  • <em id="e3jor"><acronym id="e3jor"><u id="e3jor"></u></acronym></em><nav id="e3jor"></nav>
  • <tbody id="e3jor"></tbody>

    <dd id="e3jor"><pre id="e3jor"></pre></dd>
  • <form id="e3jor"></form>
    <rp id="e3jor"><strike id="e3jor"></strike></rp>
    <dd id="e3jor"><noscript id="e3jor"></noscript></dd>
    Skip to main content Skip to first level navigation

    RICOH imagine. change.

    日本 - リコーグループ企業?IRサイト Change
    Skip to main content First level navigation Menu
    Breadcrumbs

    Share

    Main content

    トップメッセージ

    事業と技術の両輪でワークプレイスを変革していきます

    専務執行役員 CTO 坂田(さかた) 誠二(せいじ)

    リコーグループは、1950年代に事務機分野に進出して以來、常に革新的なワークスタイルを提案してきました。そして現在、リコーグループはデジタル化によるワークプレイスの変革に挑戦し、オフィスだけでなくホームや現場を含めたワークプレイス全體の課題、そしてESGやSDGsなどの社會課題の解決も、ビジネスの柱として拡げています。

    ワークプレイスの課題解決に貢獻するデジタルサービスを素早く提供するためには、お客様の地域や業態に即した本質的なニーズをとらえ、それにあったサービスや製品を組み合わせていく必要があります。開発者がお客様に寄り添いながらサービス開発を行う體制を築くと同時に、サービスを実現するための共通のプラットフォームの開発を進めます。

    また、中期的な成長を支えるための技術戦略として、人間が中心となるデジタライゼーションを目指し、「ワークプレイスではたらく人の働き方を進化させるデジタルツイン*1」と、「マスカスタマイゼーション*2時代のデジタルプリンティング」に取り組む考えです。その実現のために、AI*3と5G*4を最重點技術として活用を推進し、さまざまな場面でデジタル技術を使いこなせる人材の育成を進めていきます。

    これらの挑戦を形にするカギは、優れた技術者に支えられた技術力です。長年取り組んできた光學、畫像、材料、ものづくり、基盤、制御?システムなどの技術に先進的なデジタル技術を加え、獨自のアイデアと組み合わせることで、新たな価値を生み出し続けていけると考えています。

    また、課題解決に迅速に貢獻していくためには、オープンイノベーションを推進することが不可欠です。大學?研究機関、企業などのパートナー様と共に、最先端技術の開発を効率的に進めると同時に、共同で取り組むべき社會課題の発見や技術戦略の策定など、さまざまなレベルで連攜を強化していきます。

    さらなる成長に向け、既存事業の発展のための事業視點と、未來洞察に基づいた革新的な新規事業のための技術視點のマネジメントで、オフィスサービスを深化させていきます。

    リコーグループはこれからも、お客様の「“はたらく”をよりスマートに」変革する「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」で、ワークプレイスと社會に価値を提供しつづけてまいります。

    *1
    デジタルツイン … フィジカル空間の情報をリアルタイムでサイバー空間に再現し、シミュレーションなどで現実世界の変化を予測する技術
    *2
    マスカスタマイゼーション … 柔軟かつ自動的な製造システムにより、カスタム製品を大量生産の効率で製造すること
    *3
    AI … Artificial Intelligence(人工知能)
    *4
    5G … 第5世代移動通信システム
    老熟妇乱子伦在线观看_亚洲日韩va在线视频_免费中文字幕午夜理论午夜片_99re8热视频这在线视频